第五章 会議

第十二条(会議の種類及び招集)

本会は、総会・拡大役員会・役員会・専門部会によって運営される。総会・拡大役員会・役員会は会長がこれを招集し専門部会は部長がこれを招集する。

第十三条(総会の種別、招集及び構成)

  1. 総会は、会の最高決議機関であり、年度初めに開催する定期総会を基本とする。
  2. 臨時総会は、会全員の五分の一より、会議の目的たる事項を示して請求があったとき、役員会において総会開催の決議があったとき、又は幹事から開催請求があったときは、すみやかに開催しなければならない。
  3. 総会は、全会員で構成する。
  4. 総会を招集するときは、会員に対し、会議の目的たる事項及びその内容、並びに日時及び場所を示して、開会の五日前までに文書をもって通知しなければならない。

第十四条(総会の議決事項)

  1. 事業報告及び事業計画に関する事項
  2. 会計決算及び会計予算に関する事項
  3. 資産に関する事項
  4. 細則・規程・規則の制定及び変更に関する事項
  5. 会費改定に関する事項
  6. 地区長を除く役員の専任及び解任に関する事項
  7. その他会の重要事項に関すること ただし、重要事項の中で、急を要する者は、拡大役員会又は役員会で決議・執行し、次の総会で承認を受けるものとする。

第十五条(総会の成立要件及び議決方法)

  1. 総会は、会員の二分の一を超える出席をもって成立する。ただし、委任状を提出した会員は出席者とみなす。
  2. 総会の議長は、出席した会員の中から選出する。
  3. 総会の議事は、出席者の過半数をもって決する。ただし、賛否同数の時は、議長の決するところによる。

第十六条(拡大役員会の構成及び権限)

  1. 拡大役員会は、総会に次ぐ議決機関であり、監事を除く役員及び拡大役員をもって構成する。ただし幹事は、拡大役員会に出席し、意見を述べることができる。
  2. 拡大役員会は、次の事項を議決する。
    1. 総会に付議すべき事項
    2. 総会の議決した事項の内、重要事項の執行に関する事項

第十七条(役員会の構成及び権限)

  1. 役員会は、拡大役員に次ぐ議決機関であり、監事を除く役員及び拡大役員をもって構成する。ただし幹事は、拡大役員会に出席し、意見を述べることができる。
  2. 役員会は、この規約に別に定めるものの他次の事項を議決する。
    1. 推薦委員会の調整事項
    2. 総会の議決を要しない会務の議決及び執行に関する事項

第十八条(会議の成立・議決及び議事録の整備)

  1. 拡大役員会・役員会・専門部会は、二分の一を超える出席をもって成立し、会議の議事は出席者の過半数をもって決する。ただし、委任状を提出した会員は出席者とみなす。
  2. 前項の会議及び総会の議事録として整備記録し、特に総会については、①日時及び場所 ②会員の現在数および出席者数 ③議決事項の賛否の人数 ④擬似の経過及び要領等を記載しなければならない。
  3. 総会議事録には、出席した会員の中からその会議において船員された議事録署名二名以上が、議長とともに署名押印しなければならない。