五、[稲葉公園安心コミュニティプラザ 設置運営規則]

(一九九九年六月十三日 制定)

第一条(趣旨)

この規程は、稲葉公園安心コミュニティプラザ(以下「プラザ」と称する)の設置及び運営に関し、必要な事項を定めることを目的とする。

第二条(位置)

「プラザ」は、神戸市須磨区南町一丁目三四番地に置く。

第三条(目的)

「プラザ」は、財団法人阪神・淡路大震災復興基金からの補助により建設された施設であり、その補助事業の目的に沿って、高齢者・障害者を中心とする地域福祉の拠点として活動展開することを目的とする。

第四条(利用)

「自治会」会員のみならず、他の地域の高齢者・障害者・婦人・学生・子ども等の階層別団体、ボランティア団体・NPO等に対しても積極的にその活動の用に供することにより、この施設を拠点として、より大きな地域に於ける人の輪を作り出すことができる。

第五条(運営)

「自治会」、「プラザ」利用団体・協力団体等の代表者をもって構成する「プラザ」ふれあい協議会(以下 「協議会」と称する)がその運営にあたる。

第六条(事業)

「プラザ」の設置目的に従い、ふれあい交流事業、ボランティア活動支援、調査・学習・研究活動などの拠点として、それぞれの活動の推進に務めるものとする。

第七条(財務)

  1. 「プラザ」の経常運営費は施設の利用者・協力者からの拠出金・寄付金等によることを基本とする。
  2. 天災等による破損・老朽化による補修等の「プラザ」の維持・管理は「自治会」の責任においてこれを行う。
  3. 「プラザ」会計は、[自治会」一般会計とは別個に決算を行い、会計年度終了後、速やかに当該年度の活動報告を、決算書を添えて「自治会」に行うものとする。

第八条(補則)

この規則に定めるもののほか、「協議会」の構成(第五条)その他「プラザ」の運営について必要は事項は別に定める。

以上