四国愛媛県『西条市連合自治会』の研修視察会を受け入れました

2015年11月17日(土)上記連合自治会メンバー16名(西条市職員2名を含む)が自治会館に来館され、約2時間にわたり、意見交換会を持ちました。(当自治会からは会長・副会長 他計8名出席)

当自治会が視察研修先に選ばれたのは、総務省や当自治会が発信しているインターネット情報を見て、非常に活発な活動をしているとの判断によるとのことでした。

まず、今年度発行の当自治会総会特集号その他資料により活動状況、次に本年度の重要項目である認知症について実施している予防講座等、諸活動状況を説明しました。その後質疑に入り、西条市は、将来津波災害が発生する可能性があり、当地区が阪神・淡路大震災時大きな被害を受けていることから、災害発生後の対応、一番困ったことは何か、その経験から備えていたら良いことは何か等の質問がありました。

一方、西条市では、『人権』についての研修が自治会活動として重きを置かれ、継続的に行わているとのことでした。

その他諸々の情報交換が交わされ、有意義な時間を持てました。